映画『進撃の巨人』あらすじ・感想

進撃の巨人を見ました。

人気作の実写映画化だったので、心配でしたが僕的には満足です。

あらすじ

100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。

TVアニメ「進撃の巨人」Season 3 Part.2 PV

感想

前編後編と2部作になって、やる気が感じられました。

まだ連載中の漫画なのでどんな結末にするのか気になりましたが、その辺は上手くまとめていたなと思います。

原作は架空の世界で、海外の雰囲気だったので、それを日本人がするとなると厳しいのかなと思いました。

三浦春馬や水原希子、石原さとみに長谷川博己と豪華俳優陣が揃っていて、見応え充分でした。

僕の評価は高いんですけど、世間からは「ヒドイ!」と酷評されているようです。

どうやら脚本が監督によって相当書き換えられているようで、そのへんがおかしくなった原因だと思います。

例えば巨人の描写がどう見てもショボいんですよね。イマイチ怖くないんですよ。

それも監督がそうするように指示したらしいんです。ナゼかは謎ですが。
あと変なラブシーンがあるんですが、それも元の脚本にはなかったのに、監督が追加したそうです。

監督の暴走部分が原作ファンの反感を買っているみたいです。

そんな進撃の巨人ですが、十分楽しめる作品になっていると思います。

ぜひ見てみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする