映画『マグニフィセント・セブン』あらすじと登場人物

あらすじ

ローズ・クリークの町の住人たちは苦労の末に町を開拓して暮らしていたが、近郊の鉱山から金が採掘できることが判明し、その金鉱を独占するため悪徳実業家のバーソロミュー・ボーグは住民たちを町から追い出そうと教会に放火し、抵抗した住民たちを見せしめに射殺する。

彼はギャンブラーのファラデー、南北戦争時の知り合いロビショーと彼の相棒ビリー、手配中の殺人犯バスケス、ネイティブ殺しのジャックを仲間に引き入れローズ・クリークに向かい、途中の山中でネイティブのレッド・ハーベストと出会い、彼も仲間に受け入れて合計7人の用心棒として町に乗り込む。

町に乗り込んだチザムたちは、手始めにボーグの用心棒たちを皆殺しにし、ボーグに買収された保安官を伝令役として挑戦状を送り付ける。チザムたちを警戒していた住民たちも次第に彼らを慕うようになり、積極的に協力するようになる。一方、保安官からチザムの伝言を聞いたボーグは激怒し、部下たちを引き連れてローズ・クリークに向かう。

翌朝、ローズ・クリークに到着したボーグは部下たちを町に突入させる。チザムたちは町に誘い込み、ボーグの部下たちを圧倒する。

部下を全員失ったボーグは戦闘の止んだ町に入り、チザムと一騎討ちとなる。ボーグはチザムに敗れ廃墟となった教会に逃げ込み、彼に許しを乞う。チザムは死んだ仲間たちを丁重に埋葬するように依頼して町を去り、ボーグの暴虐から解放された住民たちはチザムたちに感謝の言葉を伝える。

登場人物

バスケス

演:マヌエル・ガルシア=ルルフォ

メキシコ人の賞金首。サム・チザムに「今回の件を手伝えば俺はお前を追わない」と言われて参加する。

ジョシュ・ファラデー

演:クリス・プラット

マジックが得意なギャンブラー。いつもニヤニヤしているニヒルな男。最後においしいとこ持っていくんだ。

サム・チザム

演:デンゼル・ワシントン

物語の主人公。賞金稼ぎをしつつ、過去の仇を探していた。7人のリーダー的存在。

グッドナイト・ロビショー

演:イーサン・ホーク

サム・チザムと昔からの知り合い。南北戦争時に心に傷を負い、銃を撃てなくなっていた。

エマ・カレン

演:ヘイリー・ベネット

ローズ・クリークの村人。ボーグに夫を殺され仇を討つためにサム・チザムを雇う。

ジャック・ホーン

演:ヴィンセント・ドノフリオ

熊男みたいな人。銃よりも斧とかで敵に襲いかかる。

バーソロミュー・ボーグ

演:ピーター・サースガード

人の土地を勝手に奪う大悪党。過去にサム・チザムと会ったことがあったよう。

レッド・ハーベスト

演:マーティン・センズメアー

ネイティブ・アメリカン。弓と矢で敵を倒す。何となく参加。

ビリー・ロックス

演:イ・ビョンホン

グッドナイトとコンビを組んで賞金稼ぎをしている。ナイフの使い手。

スタッフ

監督

アントワン・フークア

製作

ロジャー・バーンバウム

トッド・ブラック

製作総指揮

ウォルター・ミリッシュ

アントワン・フークア

 

作品データ

原題

The Magnificent Seven

製作年

2016年

製作国

アメリカ

配給

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

上映時間

133分

関連サイト

映画『マグニフィセント・セブン』 | オフィシャルサイト| ブルーレイ&DVD&ULTRA HD発売

マグニフィセント・セブン : 作品情報 – 映画.com


映画『死ぬまでにしたい10のこと』ネタバレ

あらすじ

カナダのバンクーバーが舞台。幼い娘2人と失業中の夫と共に暮らすアンは、ある日腹痛のために病院に運ばれ、検査を受ける。

だがある日、彼女は突然腹痛に襲われて病院に運ばれる。

そして検査の結果、医師から余命2ヵ月の宣告を受ける。若さのせいでガンの進行が早く、すでに全身に転移してしまっていた。

アンはこのことを誰にも打ち明けないと決意し、ノートに死ぬまでにしたいことを書き出していった。それはちょうど10項目になった。

その結果、癌であることが分かり、23歳にして余命2ヶ月の宣告を受けてしまう。

その事実を誰にも告げないことを決めたアンは、「死ぬまでにしたい10のこと」をノートに書き出し、一つずつ実行してゆく。

アンが作ったリスト『死ぬまでにしたい10のこと』

  1. 娘たちに毎日愛してると言う
  2. 娘たちの気に入る新しいママを探す
  3. 娘たちが18歳になるまで、誕生日のメッセージを贈る
  4. 家族でビーチへ行く
  5. 好きなだけお酒とタバコを楽しむ
  6. 思ってることを話す
  7. 夫以外の人とつきあってみる
  8. 男性を夢中にさせる
  9. 刑務所のパパに会う
  10. 爪とヘアスタイルを変える

作品情報

タイトル

死ぬまでにしたい10のこと

原題

MY LIFE WITHOUT ME

製作年度

2003年

上映時間

106分

製作国

カナダ,スペイン

ジャンル

ドラマ

ロマンス

監督

イザベル・コヘット

製作総指揮

アグスティン・アルモドバル

ペドロ・アルモドバル

オグデン・ギャヴァンスキー

脚本

イザベル・コヘット


映画『俳優 亀岡拓次』あらすじなど

あらすじ

映画やテレビでよく見かけるが、作品名や本人の名前もすぐにはパッと浮かばない……そんな脇役俳優として活躍する亀岡拓次。

泥棒やチンピラ、ホームレスと演じた役は数知れず、大作から自主映画まで、声がかかればどんな役でも応じる亀岡は、監督たちに重宝される俳優だった。

ある日、ロケで訪れた長野県諏訪市で立ち寄った居酒屋「ムロタ」の若女将・安曇に一目惚れをする。

お酒が趣味で、撮影現場と酒場を行き来する毎日を送っていた亀岡は、ある時、居酒屋の女将に恋をしてしまい……。

その後、舞台への初挑戦、世界的監督であるアラン・スペッソの極秘オーディションへの参加と、亀岡の人生に次々と転機が訪れる。

登場人物

スナックキャロットのママ

演:杉田かおる

宇野泰平

演:宇野祥平

亀岡の俳優仲間。脇役専門。独身かと思わせて実は結婚していた。

山之上

演:新井浩文

Vシネマの監督。亀岡の出演作を見て亀岡をキャスティングする。

亀岡拓次

演:安田顕

脇役専門の俳優。37歳独身。ホームレスや泥棒、チンピラなど様々な役を演じ、「現場に奇跡を呼ぶ男」と呼ばれている。

松村夏子

演:三田佳子

舞台『陽光座』の女優兼座長。

室田安曇

演:麻生久美子

父親と一緒に居酒屋ムロタを営む。バツイチ。息子あり。

横田監督

演:染谷将太

インディーズ映画監督。

古藤監督

演:山﨑努

大御所映画監督。

 

作品情報

タイトル

俳優 亀岡拓次

製作年度

2015年

上映時間

123分

製作国

日本

ジャンル

ドラマ

コメディ

監督

横浜聡子

原作

戌井昭人

脚本

横浜聡子

音楽

大友良英


映画『イン・ザ・ヒーロー』あらすじ、作品情報

あらすじ

スーツアクター歴25年のベテラン・本城渉は、自身が代表を務める「下落合ヒーローアクションクラブ」のメンバーとともにテレビ番組『神龍戦士ドラゴンフォー』のスーツを演じている。 本城は病院に搬送される。入院することになった本城だったが命に別条はなく、見舞いに訪れた妻子を前に、本城は退院したらすぐに仕事に戻ると意気込む。 本城は大喜びで凛子に報告して自身の役が人気若手俳優・一ノ瀬リョウに交代したことを知らされる。 『ラストブレイド』のデビューオーディションに挑んでいた一ノ瀬は、『ドラゴンフォー』の役を軽視したうえ、共演のHACメンバーらとたびたび対立する。 一ノ瀬は意気消沈し、本城にアクションの指導を願い出る。 の俳優フェン・ロンが、危険すぎるという理由で降板してしまう。 凛子からは長年の無理が祟って身体な危険な状態になっていることを理由に反対されて悩むが、ハリウッドスタッフの「日本にアクション俳優がいない」との声を聞き、決意をする。 『ドラゴンフォー』の撮影日に、一ノ瀬は自分がアクションができる俳優であることをアクションシーンのリハーサルを引き受ける。 一ノ瀬はアクションに段取りをミスし、大芝美咲が怪我をする 本城のもとに『ドラゴンフォー』の新作映画版で数年振りとなるオファーが届く。 本城はクライマックスシーンを撮影を始める。 撮影現場には『ラストブレイド』である石橋が居合わせ、い演技を責められる。 HACメンバーとの特訓でメンバーと打ち解けてアクションの実力が向上した一ノ瀬は、『ラストブレイド』のオーディションで見事なアクションシーンを披露し、 本番当日、本城の元にはHACメンバーが終結し、『ラストブレイド』に本城の切られ役として出演することを伝える。 本城は一発で撮影を完了させてスタッフたちを感動させるの場に倒れ込んでしまう。

作品情報

タイトル:イン・ザ・ヒーロー 製作年度:2014年 上映時間:124分 製作国:日本 ジャンル:ドラマ、アクション 監督:武正晴 脚本:水野敬也、李鳳宇 音楽:李東峻

映画『夜に生きる』あらすじ、感想

あらすじ

別のギャングの大物に才能を見込まれたジョーは、再びのし上がっていく。

ジョーは市警察幹部の息、父に反発してギャングの手下になっていた。

ジョーは強盗に入った賭博場でエマという美女と出会い

禁酒法時代末期のボストン。

恋に落ちるが、彼女は対立組織のボスの情婦だったため、ジョーは罠に嵌められて刑務所へ収監

映画『夜に生きる』本予告【HD】2017年5月20日公開

登場人物

  • ジョー・コフリン – ベン・アフレック
  • ロレッタ・フィギス – エル・ファニング
  • トーマス・コフリン – ブレンダン・グリーソン
  • ディオン・バルトロ – クリス・メッシーナ
  • エマ・グールド – シエナ・ミラー
  • グラシエラ・スアレス – ゾーイ・サルダナ
  • アーヴィング・フィギス – クリス・クーパー
  • マソ・ペスカトーレ – レモ・ジローネ
  • アルバート・ホワイト – ロバート・グレニスター
  • RD・プルイット – マシュー・マー
  • エステバン・スアレス – ミゲル・J・ピメンテル
  • ディガー・ペスカトーレ – マックス・カセラ
  • ヴァージル・ビューリガード – J・D・エヴァーモア
  • カルヴィン・ボンデュラント – クラーク・グレッグ
  • ゲイリー・L・スミス – アンソニー・マイケル・ホール
  • ブレンダン・ルーミス – クリス・サリヴァン
  • ドニー・ギシュラー – デレク・ミアーズ
  • 投資家 – クリスチャン・クレメンソン
  • パウロ・ベルトロ – ベンジャミン・キアラメロ

作品情報

タイトル

夜に生きる

原題

LIVE BY NIGHT

製作年度

2016年

上映時間

129分

製作国

アメリカ

ジャンル

ドラマ

サスペンス

監督

ベン・アフレック

製作総指揮

クリス・ブリガム

デニス・ルヘイン

シェイ・カーター

原作

デニス・ルヘイン

脚本

ベン・アフレック

音楽

ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ


アニメ『恋は雨上がりのように』あらすじ・感想

どこか懐かしい雰囲気のアニメです。

設定も、どこかありきたりなんだけど、嫌いじゃないです。

中年男性が女子校生に好かれちゃって、困っちゃうってお話なんです。

あらすじ

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。
海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。

 

感想

主人公、橘あきらは陸上の選手だったけど、怪我で部活を離れてしまいます。

そんな時に出会ったのがファミレスの店長、近藤正巳。

近藤の何気ない優しさに心を奪われて二人の恋は始まります。

近藤は、やっぱり戸惑うんですね。高校生に好きだなんて言われて。

おまけにあきらは綺麗ですから、まあおたついちゃうんですよ。

だから最初は冗談だと思って聞き流しちゃいます。

そんな近藤にしびれを切らしたあきらは二度目の告白をします。

それで、あきらが本気だと分かる。それからが大変です。

近藤には離婚した元奥さんがいて、息子が一人います。

こんなバツイチ子持ちの中年男が…なんていう風に自分を卑下しちゃって、あきらの告白を受け止められないんです。

それでも、あきらは諦めずに距離を縮めようとする。

そのいじましさが、何とも言えず可愛くって、応援したくなります。

そうそう、近藤の声を担当しているのは平田明さんです。

平田さんはジョニー・デップの吹き替えで有名です。

だから近藤を見る度にジョニー・デップが出てきて、何とも言えない気持ちになりました。


映画『進撃の巨人』あらすじ・感想

進撃の巨人を見ました。

人気作の実写映画化だったので、心配でしたが僕的には満足です。

あらすじ

100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。

TVアニメ「進撃の巨人」Season 3 Part.2 PV

感想

前編後編と2部作になって、やる気が感じられました。

まだ連載中の漫画なのでどんな結末にするのか気になりましたが、その辺は上手くまとめていたなと思います。

原作は架空の世界で、海外の雰囲気だったので、それを日本人がするとなると厳しいのかなと思いました。

三浦春馬や水原希子、石原さとみに長谷川博己と豪華俳優陣が揃っていて、見応え充分でした。

僕の評価は高いんですけど、世間からは「ヒドイ!」と酷評されているようです。

どうやら脚本が監督によって相当書き換えられているようで、そのへんがおかしくなった原因だと思います。

例えば巨人の描写がどう見てもショボいんですよね。イマイチ怖くないんですよ。

それも監督がそうするように指示したらしいんです。ナゼかは謎ですが。
あと変なラブシーンがあるんですが、それも元の脚本にはなかったのに、監督が追加したそうです。

監督の暴走部分が原作ファンの反感を買っているみたいです。

そんな進撃の巨人ですが、十分楽しめる作品になっていると思います。

ぜひ見てみて下さい。